オーダメイドのスーツと靴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いまでもヨーロッパの有名ブランドでは、工房をもっていたり、スーツのオダーメイドを仕立てたりしています。
もともとこうしたオーダメイド御用達だったところが大量生産にもシフトしたケースが多いので、もともとはこうしたスタイルが本来のブランドのあり方です。
オーダーメイドのスーツ、靴、バッグなどをもてたら世界に一つしかないものですから、もの凄く重宝するでしょうし、一生ものとして自分で大事にするでしょう。
こうした服や靴、バッグは使用しているうちにどうしても摩耗したり、色があせたりしてしまうものですが、時計などはメンテナンスさえ欠かさなければ、本当に一生使えるものです。
おじいさんの古時計ではないですが、数世代にわたって使える時計もあります。
一度はこうしたテラーなどで、本格的にスーツなどをオーダーしてみたいですね。
それこそ、既製品に慣れている私たちにしてみれば、究極の贅沢であり、お洒落なのでしょう。
もちろんそうしたことが難しいから、大量生産のものでも手に入れたくなるのが大衆というものでしょう。
ただし、ブランドものでもいまはかなり大衆化がすすみ、もともと作っていたオーソドックスなデザインのほかに、人気デザイナーや画家のデザインとコラボレーションした商品も売ったりしています。
一時的な楽しみ、遊び心として持つのもいいですが、やはりずっと使えるもの、いかにもそのブランドを象徴するものとして、ロゴーマークやベーシックなデザインは重宝します。
ベーシックなものは流行、廃りに関係なく持ち続けることができるので、基本的に経済的で、長持ちするのでその分、ブランド初心者にはベーシックなものがおすすめです。
ブランド上級者になると、現地までいって採寸してオーダーメイドまでするのでしょうが、日本人でそうした生活をしている方はごくごく一握りに過ぎません。
だれでも注文を受けてくれるという訳でもないからです。
伝統と格式のあるなかで、きちんとした顧客として認められるには、お金だけ持っているだけでは無理なのです。
そんなこともよく考えて、自分の持ち物として、そして身につけるものを選んでいくといいでしょう。
研ぎすまされた職人の腕と技術力が光るオーダーメイドの服やバッグ、靴、いつかあなたが素敵なマダムになったら、頼んでみましょう。
いまはオンラインオーダーもできるようですね。
それを将来の目標にして、いまは一生懸命働くことにしましょう。
実際その夢が実現するかはわかりませんが、ブランドはそうした夢を持たせてくれる所もいいですね。

Copyright 2017その名に恥じないさすがの品質!大人が持ちたいブランド品は? All Rights Reserved.